好きな植物を育てて癒しの空間を作ろう!

アラード機能付きの温室で園芸に安心感を加える

特定の温度設定に保ちながら作物の成長を促してくれる温室は、園芸を楽しむ事を趣味としている方の心強い味方になってくれます。
しかし機材のちょっとした違いを調べておくだけで、もっと違う温室の機材を購入しておけば良かったと後悔する事になりかねません。
省エネ性能や温度設定の細かさなど、自分がどういう機能を求めているのか考えて、自分に合った機材を購入する様にしましょう。
もし温度設定の正確さを求めているのであれば、ただ温度センサーの性能がしっかりしているだけではなく、アラート機能が充実した機器を選ぶのもオススメです。
もし温度が一定に保てなくなった場合に、アラートを発する事によって気付かせてくれる機器などもあります。
そういう機能があるだけで園芸の植物が全滅してしまうのを防げたりと、被害を最小限に抑える重要な機能だと感じられるはずです。
いくら性能が信頼出来る機器であったとしても、いつかは故障してしまうかは分からないからこそ、アラート機能の有無はとても重要な事だと言えます。

日本で園芸するなら、温室

日本で園芸をする場合、日本特有のすばらしい「四季」というものがネックになる場合があります。
生活に彩を与えてくれる四季ですが、植物を育てる際にはその気温差が植物の育成に大きく影響を与えます。
そこで、とても役に立つのが温室です。
温度を一定に保ってくれることはもちろんのこと、害虫や害獣から大切な植物をまもってくれます。
朝は家の中に入れ、昼は外に出す。
そして夜は再び外へ、このような手間は、一度にたくさんの植物を育てる園芸家の皆さんの大きな負担となります。
このようなことを1度に解決できてしまうのが温室なのです。
最近では、ホームセンターで以前より気軽に、より手頃に手に入るようになってきました。
現在では、多くの皆さんが温室を用いて楽しく、手軽に植物を育てているようです。
日本の気候に合っておらず、育てるのが難しい植物がたくさありますが、園芸をする皆さんには諦めず、上手に素敵に、楽しんで育てて欲しいものです。

Favorite


2019/12/5 更新

『園芸 温室』 最新ツイート

@JA_Aichi_Chuo

\安城温室園芸組合がイベントでお花を販売/ 4月17、18日に安城市赤松町のデンパークで行われる「フラワーマルシェ」でJAあいち中央温室園芸組合が出店します🌸 ベゴニア、インパチェンス、マリーゴールドなど生き生きとした春の花が… https://t.co/HvUPVBiYxL

4時間前 - 2021年04月16日


@gfc_osaka

【4/13~ 見頃の花情報】 サクラソウ Primula sieboldii 科名:サクラソウ 場所:大温室コレクションガーデン、花の工房裏~梅園までの園路沿い 特徴:江戸時代から栽培されている、日本の園芸植物です。… https://t.co/LsNkrhxQ2E

10時間前 - 2021年04月16日


@Mocchiridaifuku

温室でパッセンジャーさんが作ったコーヒー豆試作1号を一緒に飲む園芸部のみんなすずらんちゃそは大人な気分になれますね!って飲んだあとすずらんちゃその顔そんなに皺ある?!っていうくらいシワシワの顔で「まだ早かったみたいです…🥺」しょんぼりしてるのを見てラナお姉ちゃんがカフェオレにした

10時間前 - 2021年04月16日


copyright(c) 2015 「癒しの空間お庭造り」 all rights reserved.